Home > 2013 > 3月

2013年3月の記事

第2回防災遺産学フォーラム「災害からの復興と文化遺産 ―国内と海外の事例-」

2013/3/11 | Category:その他 | Author:研究所管理用

※座席に余裕がありますので、受付延長しております。 ふるってご参加ください。

3月24日 日曜日、大手前大学史学研究所および被災文化遺産支援コンソーシアム(CEDACH)では、
第2回防災遺産学フォーラム
「災害からの復興と文化遺産 ―国内と海外の事例-」

を、さくら夙川キャンパスにて開催します。
このフォーラムは、トヨタ財団研究助成事業
「東日本大震災で被災した歴史資料・文化遺産の保全と復興を通した『防災遺産学』の形成―文化復興活動を支援する持続的な情報システム利活用の実践―」の一環として開催するものです。

主催:大手前大学史学研究所・被災文化遺産支援コンソーシアム(CEDACH)
期日:平成25年 3月24日(日) 13:30~17:00 (開場13:00)参加費無料
会場:大手前大学 さくら夙川キャンパス メディアライブラリーCELL 
※申込多数の場合はキャンパス内で教室を変更する可能性がございます。当日掲示にご注意下さい。
〔JRさくら夙川駅・阪急夙川駅・阪神香櫨園駅より徒歩7分〕
内容:
13:30-13:35 趣旨説明
13:35-14:50 タイ大洪水からの復興と文化遺産(仮題)
タイ王国・シルパコーン大学 タニック・ラーチャリット博士【通訳付き】
14:50-15:00 休 憩
15:00-16:00 福島県の復興と埋蔵文化財保護-兵庫からの支援職員の立場から-
福島県教育庁文化財課 山本  誠 氏
16:00-17:00 ディスカッション

申込み・お問い合わせ先:
申込日・氏名・所属を記し(任意様式)、下記のいずれかの方法で
史学研究所(コンソーシアム事務局)までお申込み下さい。
FAX: 0798-32-5045
電話:0798-32-5007
受付用E-mail: sympo[アット]cedach.org
郵便:〒662-0965 西宮市郷免町8-17 大手前大学史学研究所内CEDACH事務局
しめきり:3月23日(土) ただし土曜日は電話不可 先着順です。
チラシPDF: 1303forum