Home > 新着情報 > 3Dホログラム

新着情報

3Dホログラム

2013/11/15 | Category:新着情報 | Author:研究員2

3Dレーザ計測をしたものを、最近流行の3Dプリンターで立体模型を製作することもあるのですが、あらたな提示方法がないか模索してきました。今回、3Dホログラムプリントを利用して、航空レーザ計測した古墳の立体画像の作成を試みました。ホログラムというと、偽造防止などに使われているキラキラ光るプリントを想像する人が多いかもしれませんが、三次元データを特殊な方法でプリントすると、立体画像として表示することができます。
一見すると、黒いガラス板なのですが、光を当てると立体図として浮き出してきます。そして様々な方向から観察することができます。写真では、立体感をお見せできないのが残念です。

この方法を用いると、三次元のデータを立体として表示・観察することができます。新たな展示方法としても利用できそうです。

本計測データは、京都橘大学・京都府立大学・大手前大学史学研究所を主体としたゴーランド・コレクション調査プロジェクトによる、橿原丸山古墳の航空レーザ測量の応用事例です。航空レーザ測量にあたっては、中日本航空株式会社「SAKURA」を用いています。