Home > 新着情報 > 竹田城航空レーザ計測

新着情報

竹田城航空レーザ計測

2013/11/15 | Category:新着情報 | Author:研究員2

大手前大学史学研究所は、中日本航空株式会社と2012年に朝来市竹田城の航空三次元計測を行いました。ヘリコプタ―に最新の航空レーザ計測器を搭載し50cm間隔で地形を計測しています。樹木に覆われて観察できなかった地形を捉え、既存の地図では観察できなかった地形、遺構を詳細に観察することが可能となりました。

計測データは、朝来市観光施設「たけだ城下町交流館」に展示されている300分の1城跡ジオラマの製作に利用されています。史学研究所においても、三次元プリンターを使用してミニチュアモデルを作成しました。計測データは、地図の作成以外にも、ジオラマやレプリカ、CG再現など様々な利用方法が期待されています。
航空レーザ測量にあたっては、中日本航空株式会社「SAKURA」を用いています。

2012年、国立科学博物館『インカ帝国展 マチュピチュ「発見」100年』(TBS 凸版印刷)において、史学研究所は世界遺産マチュピチュの三次元計測協力を行い、遺跡全体の3Dレーザ計測を行いました。日本のマチュピチュと言われる竹田城、そして世界遺産マチュピチュの両方を3Dレーザ計測した研究所です。