Home > 新着情報 > その他

新着情報

兵庫県内文化財系5大学連合 成果報告会のお知らせ

2010/2/5 | Category:その他 | Author:研究所管理用

大学コンソーシアムひょうご神戸 社会連携助成事業

成果報告会
「地域における文化財保全と住民・大学―災害のとき、日常のとき―」

文化財の保全のためには、平常時からの調査・把握が必要となります。

日常的に教育委員会が取り組んでいる活動や、文化財保全のためには何が必要なのかについて紹介します。

兵庫県の文化財系5大学が取り組んできた文化財保全の活動と町の活動をどう切り結ぶのかに関するシンポジウムとパネル展示を、地元で行います。

ぜひご参加下さい!!

 主催  兵庫県内文化財系5大学連合
(神戸・神戸女子・甲南・関西学院・大手前〔事務局〕)

 共催  神河町教育委員会

 後援  兵庫県中播磨県民局

 日時  3月 6日 (土)  午後1時から午後4時 

 場所    神河町神崎公民館 2階 大ホール

 

 内容  13:00-13:05 趣旨説明 〔神戸大学 坂江 渉〕

13:05-13:10 共催機関あいさつ  〔神河町教育長 澤田博行〕

13:10-13:30 神河町の歴史文化遺産 〔神河町教育委員会 竹国よしみ〕

13:30-14:00 武士になったお百姓さん―福本藩の下級武士― 〔甲南大学 東谷 智〕

14:15-14:45 水濡れ史料を救う  〔神戸大学 松下正和〕

 

14:45-15:15 ポスター説明 

〔佐用町教育委員会 藤木 透・5大学連合事務局〕

15:15-16:00 討論

 

 申込方法
「3月6日シンポ参加希望」 との題で住所・氏名・予定する交通手段をご記入いただいたメールもしくはFAXをお送り下さい。

 

 

E-mail:  oteshigaku★gmail.com (★はアットマーク)

FAX: 0798-32-5045 (大手前大学史学研究所:5大学連合事務局)

 お問合せ先    神河町教育委員会  0790-34-0212

[会場への交通]

 

【行き】11:45/12:27 JR播但線   野 駅発 

(町コミニュティバス)→11:58/12:40  賀 

 

【帰り】17:00/17:05  賀 (町コミニュティバス)

→17:13/17:18 JR播但線  野 駅着 

 

※粟賀バス停から公民館には東に徒歩約15分 です

博物館実習を受け入れました

2009/10/21 | Category:その他 | Author:研究所管理用

史学研究所オープン・リサーチ・センターでは、整備事業の一環として、

本学学部生・大学院生の実習を積極的にうけいれております。

今回は、「博物館実習」のうち、文化財の撮影について、

研究所2階の写場(しゃじょう)での遺物整理報告用のカメラ撮影を見学しました。

写場の一角には、本格的な暗室(あんしつ)もあり、まるでカメラマンのスタジオのようです。

みなさん、興味深く見学していました。

 

特別講演会 「邪馬台国論争への新視点」 ご参加ありがとうございました

2009/10/12 | Category:その他 | Author:研究所管理用

10月10日(土曜日)に開催されました、

史学研究所 オープン・リサーチ・センター 8周年記念 特別講演会

「邪馬台国論争への新視点」 

250名をこえる参加者のもと、大盛況にて終了いたしました。

まことにありがとうございました。

内容:

「女王卑弥呼の最期 ―邪馬台国論争100年に終止符を 打とう―」 

岡本健一 氏 (毎日新聞客員編集委員・前 京都学園大学教授)

「以死」の解釈を含む魏志倭人伝記述の再検討についてご講演いただきました。

 

「邪馬台国と古墳」

石野博信 氏 (兵庫県立考古博物館長)

考古資料をもとに、邪馬台国時代の日本列島の動向を詳細に論じていただきました。

 

「『魏志倭人伝』印と周辺民族官印」

秋山進午 氏 (前 大手前大学史学研究所長)

魏晋王朝の周辺民族官印称号に明確な規範があるという最新の学説をご発表いただきました。

 

以上の3本のご講演により、邪馬台国論争を多角的に論じることができました。

今後のより一層の研究の進展が期待されます。

 

※当日配布資料(A4判 全26ページ)にわずかながら残部がございます。

宅急便着払いにて、こちらからお送りいたします。

ご希望の方は、「邪馬台国資料希望」と題し、お名前ご住所を記入のうえ、

E-mail oteshigaku【アットマーク】gmail.com もしくは

FAX 0798-32-5045 までご連絡下さい。

 

 

 

10月10日 記念講演会「邪馬台国論争への新視点」のお知らせ

2009/8/9 | Category:その他 | Author:研究所管理用

オープン・リサーチ・センター 研究プロジェクトも、いよいよ本年度が最終年度です。

これを記念して、10月10日土曜日、下記の講演会を実施します。

事前にFAX 0798-32-5045 もしくは

専用E-mail oteshigaku【アット】gmail.com ※【】内を記号@に変換してください

にお申込みいただいた方全員に

記念品(加古川流域文化財マップ他)を贈呈いたします。

ご参加お待ちしております。

※好評につき、体験型の記念品も追加しました。ぜひ事前にお申込み下さい!

大手前大学史学研究所 オープン・リサーチ・センター

記念講演会

邪馬台国論争への新視点

主催:大手前大学史学研究所

後援:西宮市教育委員会

日時: 2009年10月10日 土曜日 午前11時から

場所: 大手前大学 さくら夙川キャンパス A44教室

内容:

「女王卑弥呼の最期 ―邪馬台国論争100年に終止符を打とう―」 

   岡本健一 氏 (毎日新聞客員編集委員・前 京都学園大学教授)

「邪馬台国と古墳」

   石野博信 氏 (兵庫県立考古博物館長)

「『魏志倭人伝』印と周辺民族官印」

   秋山進午 氏 (前 大手前大学史学研究所長)

オープンキャンパスで史学研究所公開します。歴史・考古学好き必見です。

2009/6/12 | Category:その他 | Author:研究所管理用

全国の歴史、考古学好きの高校生の皆さん!

ことしも、史学研究所では、毎年好評の企画、

「オープンキャンパスでオープンリサーチ!」というテーマで、

7月・8月のオープンキャンパス、さくら夙川キャンパスツアー内で研究所を一挙公開しています!!

オープンキャンパスの日程は、下記参照。

www.otemae.ac.jp/admission/opencampus.html

※総合受付は、いたみ稲野キャンパスです。

 

「歴史学の研究所って、どんなん?」

「考古学の調査って、どうやってするの??」

「学生も、調査や研究に参加できるの!?」

みなさんの疑問を一挙に解決します!

新たな発見も、あるかもしれませんよ。

 

また、今回、オープンキャンパスで史学研究所にお越しいただいた皆さんには、

発掘調査成果のパンフレット と 研究所ニュースレター

ほかをお渡しする予定です! お楽しみに!

研究所には、いろいろな設備がありますよ。

ぜひ、みにきてください。

(仮称)兵庫県関係木簡集成 編集作業中です

2009/6/10 | Category:その他 | Author:研究所管理用

ただいま、『(仮称)兵庫県関係木簡集成』の編集作業を進めています。

今年度末に刊行するべく、ただいま編集中です。ぜひご期待下さい。

神戸市西区の吉田南遺跡。

兵庫県を代表する古代の遺跡です。

 

とらいやるウィーク in 史学研究所 無事に終了

2009/6/5 | Category:その他 | Author:研究所管理用

西宮市立大社中学校 2年生のみなさんを受け入れたトライやるウィーク、

2日目もみなさんがんばって取り組みました。

まずは土器の整理。

みなさん、色あざやかな陶磁器に興味しんしんでした。

研究員のご指導のもと、作業はうまくいったようです。

トライやるウィーク開始しました

2009/6/1 | Category:その他 | Author:研究所管理用

今年も、トライやるウィークの季節がやってきました。

「“トライやるウィーク”? なにそれ?」

兵庫県で実施しているプログラムです。

www.hyogo-c.ed.jp/~gimu-bo/tryyaru/tryyaru1.htm

 

今日から、西宮市立大社中学校の生徒5人が参加。

午前中は拓本実習。午後は図書整理。

「遺跡の報告書って、どうしてこんなに多いのですか?」

皆さんなら、どう答えますか?